マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ネット広告へのストレス 広告ブロックに課金する消費者の心理

2019年5月14日 16:00

YouTubeで何度も同じ広告が出るのが嫌で、月額1180円払う

 都内在住の30代女性・Bさんは、YouTubeで好みの映像や音楽を楽しむことが多い。動画再生前に、6秒間や15秒間のCM動画が差し込まれることもあったが、そのことがずっと苦痛だった。

「早く目当ての動画を観たいのに、観たくない広告を見せられることが本当に嫌でした。よく流れてきたのは、外資系メーカーのひげ剃り、外食チェーン、携帯キャリアのCM動画。関心を惹くためか、通常の動画の音声と比べて大きな音が流れることも多い。何度も同じ動画と出くわすと、かえってその企業が嫌いになったり、購入を控えるようになることもありました」

 昨年11月、YouTubeを広告なしに利用できるYouTube Premiumというサービスがスタートした。月額料金は1180円と決して安くはないが、Bさんは初日からずっと愛用している。

「CM動画も当然ですが、トップページ上の広告も一切表示されなくなりました。昔は、毎回CM動画を6秒でスキップしていたこと自体も、忘れつつあります。テレビでも、見たくないCMをスキップできる機能があれば、いいと思いますね。例えば有料会員であれば、本編で止むなく落とされた関連コンテンツが見られたり、スポーツ中継であれば会場の映像が観られるようになれば、満足度も高いと思います」

 広告が表示されない快適さを得た一方で、感じることもあるという。

「新商品やサービス、セールなどのお得な”最新情報”が一切入らなくなりました。かつては話題になる前にCM動画で新しい情報を知っていましたが、旬な話題についていけないことも増えました」

 GoogleやFacebookといった大手のプラットフォームも広告収入が売上の大半を占める一方で、利用者の“広告嫌い”も理解している。不快な広告を排除するために業界団体を組織し、収益とユーザー体験を両立しようと躍起だ。見たくない広告を見ないために、お金を払ってでもいいと考える消費者が増える中、広告を通じて”商品を届けたい”企業側の姿勢もますます問われることになりそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。