マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

パン好き注目のローソン『Wクリーム角ぱん』、食べたらわかるその凄さ

2019年6月16日 13:00 マネーポストWEB

二層構造になっているカスタードクリームの食感

ローソンの『マチノパン Wクリーム角パン』
ローソンの『マチノパン Wクリーム角パン』

 ブレーク寸前の『マチノパン Wクリーム角ぱん』。マネーポストのコンビグルメ担当記者Aが実際に食べてみた。

「まず驚いたのが、手に持ったときの重さです。なんとなくふわっとした印象の見た目とは裏腹に、相当重い。持っただけで、相当クリームが詰まっているんだろうなということが伝わってきます。

 生地は弾力もありつつ、しっとりふわふわ感もあり、普通のコンビニの袋パンとはちょっと違い、本格的な印象です。でも、それ以上にやはりインパクト大なのが、カスタードクリーム。とにかく量が多い。全体の体積の7割から8割くらいがクリームと言ってもよいほどです。

 いちばん外側にパン生地があり、その次に固めのカスタードクリームの層があって、さらにその内部にとろとろのカスタードクリームが入っているという構造で、同じカスタードクリームなのに、まったく違う食感で楽しめるのは、おもしろいと思います。カスタード好きにはたまらないでしょうね。

 クリームの量がすごいということもあって、全体的な印象は結構ヘビー。満足度はかなりのものです」(記者A)

 ちなみに、『マチノパン 角ぱん』シリーズではすでに第2弾となる『マチノパン ホイップあん角ぱん』(160円)も発売。こちらは、粒あんとホイップクリームが二層構造となったボリューミーなあんぱんとなっている。

 たっぷり濃厚なクリームを武器に人気を拡大する『マチノパン Wクリーム角ぱん』。コンビニグルメファンなら覚えておいて損はないかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。