マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「守るお金」の運用は金利の仕組みと金融商品を知ること重要

2013年10月14日 8:13

“お金のお医者さん”として知られる「家計の見直し相談センター」の藤川太氏がお金に関する固定観念を解きほぐす『マネーポスト』連載「お金持ちの方程式」。今回は、日本経済がデフレを脱却し、いよいよインフレに突入しようとするなか、「守るお金」(積極的に投資に回せないお金)はどう運用していけばいいのか、そのノウハウを解説する。

 * * *
「守るお金」の具体的な運用方法について、ポイントは2つあります。1つめのポイントは「金利の仕組みを知ること」です。

金利は期間によって「短期金利(1年以下)」と「長期金利(1年超)」に分かれます。短期金利は日本銀行が政策決定会合で決める政策金利であるのに対し、長期金利は市場で取引される新発10年もの国債の利回りで決まってきます。

そこで金利動向を見ていくと、まず日銀が「異次元の金融緩和」を断行しており、それが少なくとも2014年末までは続くと見られるなか、短期金利の上昇はしばらく考えにくいでしょう。

一方、長期金利は市場で決まるため、なかなか読みにくい面はありますが、基本的には「今後短期金利が上がるだろう」といった思惑から短期金利に先んじて上昇することが多いようです。

それは過去の推移からも明らかです。たとえば日銀が2001年にゼロ金利政策という金融緩和に踏み切って以降、短期金利が0%近くに張りつくなか、長期金利は2003年6月に0.43%まで低下しました。ところが、景気回復に伴って2006年7月に日銀はゼロ金利を解除して政策金利引き上げに転じ、短期金利は0.5%台まで上昇。長期金利はそれを見越して同年5月には2%台に上昇しました。

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。