マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

スマホ新料金でどこまで安くなる? 大手3社の通話料と通信料を比較

2019年6月30日 13:00

大手キャリア3社「データ通信料」を比べてみた

大手キャリア3社「データ通信料」を比べてみた

 6月1日から、NTTドコモとauが新料金プランを開始した。そこで、スマホ料金をもっとお得にするための最新情報をリサーチしたいところだが、まず料金プランはどう変わったのか、ITジャーナリストの三上洋さんに聞いた。

「今までドコモ・au・ソフトバンクは、通信料の設定が高かった。その分、端末の料金を割引。そのお得さでユーザーを集めてきました。しかしこれでは、安い通信料で勝負し、端末料金を割引できない格安スマホ会社などが不利になります。そこで総務省が、通信料と端末を別にして販売する『分離プラン』を義務化。結果として端末は定価販売となり高くなりますが、その分通信料が下げられることになりました」(三上さん)

 例えばドコモの場合、家族3人でデータ通信量が1GB以下のプラン(*)に加入すると、通信料は約2~3割引になる。

【*「家族割引」などの割引プランを採用しない定価の通信料の場合】

 このドコモの通信料値下げに対抗する形でauも、従来の「スーパーカケホ+データ定額1」と「LTE NET」に加入していた人が、「新auピタットプラン」にすると、4割引になるよう値下げに踏み切ったのだ。

 通話に関する料金は、データ通信量のプランにオプションでつけるか、そういったものはつけずに、1分40円ずつ加算されるかのどちらかを選ぶことに。オプションは「1回5分以内の通話かけ放題」か「国内通話がかけ放題」の2種類だ。オプションの場合、どちらもソフトバンクがほかの2社より200円安い(「1回5分通話」500円、「かけ放題」1500円)。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。