マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

定年後の二世帯同居のメリット 医療費も保険料も相続税もお得に

2019年7月14日 16:00

二世帯同居でこんなにトクする

二世帯同居でこんなにトクする

 定年後の基礎的支出を減らすには「二世帯同居」という選択肢が有力である。都内在住の鈴木さん(70・仮名)は3人の子供が自立した後、東京郊外に建つ一軒家に夫婦2人で住んでいた。だが今年3月から、隣の市で暮らしていた次女夫婦が同居するようになった。

「孫が小学生になるのを機に一緒に住むことにしました。部屋は余っていたし、娘夫婦がお金を入れてくれて家計はずいぶん楽になりました。私たち夫婦が孫の面倒をみることで娘がフルタイムで働けるようになり、家族全体の収入もアップしました」(鈴木さん)

 二世帯同居の最大のメリットは暮らしのなかのコストを圧縮できるところにある。ファイナンシャルプランナーの森田悦子氏が解説する。

「別居時と比べて食事や光熱費などのランニングコストを確実に減らせます。暮らしぶりにもよりますが、一般的な家庭で月4万~5万円のコスト削減が可能です」

“大家族”になることで、より充実した生活を送れる可能性もある。前出・鈴木さんはこう話す。

「娘や孫が常にそばにいると気持ちが若々しくなります。苦手なパソコンやスマホを娘に教えてもらえますし、万が一、急に倒れた時の心配も別居時より減りました」

 二世帯同居によって活用できるようになる制度も少なくない。

「同居していると生計が1つとみなされ、家族全員の医療費を合算できます。確定申告時に申請する『医療費控除』は年間の医療費が10万円を超えると還付が受けられます。1人分の医療費だとなかなか超えない額ですが、家族合算なら活用できる可能性が高くなる。また親子が同居すると実家を相続する時に『小規模宅地等の特例』を利用でき、土地の評価額が8割減となって相続税を大幅に減らせます」(森田氏)

「不動産」関連記事

【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
【無料】おうちダイレクトで大手~地元の不動産一括売却査定
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。