マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

求めるのは「不安の解消」と「後押し」か 占いにハマる人たちの心理

2019年7月14日 13:00

それぞれが占いにハマる理由とは(イメージ)
それぞれが占いにハマる理由とは(イメージ)

 スマートフォンの普及で、1兆円市場へ成長したとされる占い市場。対面形式だけでなく、アプリやチャット形式の占いも多くの人に受け入れられている。利用者はどんな心理で、占いにハマっているのだろうか。

「主治医」と「セカンドオピニオン」

 20代半ばの女性・Aさんは、約3か月に一度のペースで占いを訪ねている。一度の鑑定は、30分で3000~5000円と決して安くはない。いつも決まって見てもらうタロット占い師もいるが、口コミ情報をもとに占いを渡り歩くこともある。友人たちと近くの飲食店を予約して、代わる代わる対面の鑑定を受けながら、占い結果を共有し合うことが多い。

「相談内容は、恋愛と仕事についてがほとんど。具体的な相談をしていないのに、直近で怒った出来事を言い当てられると、『信頼できる占い師だ』と思ってしまいますね。姓名判断や手相占いなど手法は異なったとしても、占いは長年研究されてきているもの。異なるセンセイであっても、大きな運勢の流れなどについては、同じことを言われることが多いですが、恋愛、総合運などセンセイによって強みが異なるので、アドバイスや視点の新鮮さも異なる。メインでお世話になっているセンセイのことを『主治医』、他のセンセイの意見を『セカンドオピニオン』と呼んで、鑑定結果を楽しんでいます」

「後押しをしてもらいたい」気分の時にアプリで占う

 占いアプリに1か月で約4000円課金しているというのは、30代女性・Bさん。有名占い師の専用アプリ2種類、大手プラットフォームが運営するアプリの3つを併用している。無料サービスでは、優しい言葉を投げかけてくれる某占いの更新が、毎週の楽しみの一つだ。

「最初はアプリでの占いに懐疑的でした。ただ、一度試しに占ってみると、対面での鑑定結果とほぼ同じで、アプリとは思えないほどのサービスの質の高さに感動しました。反対に良くない占いアプリは、対面鑑定の占い結果と全く異なる結果が出る場合です」(Bさん・以下同)

 毎日の運勢など一部の占いは無料だが、毎月の運勢や年上半期の運気、さらには「二人の相性」「次付き合うのはこの人」「あなたの天職」などのテーマ別の占いは、数百円から数千円ほどかかるケースが多いという。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。