マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

英ジョンソン首相、ブレグジット実現で英国経済が直面する3つの問題

2019年9月9日 16:00

「イギリスのトランプ」とも称されるジョンソン首相はブレグジットに突き進もうとしている(イラスト/井川泰年)

「イギリスのトランプ」とも称されるジョンソン首相はブレグジットに突き進もうとしている(イラスト/井川泰年)

 イギリスのボリス・ジョンソン首相は、10月末日をもって、イギリスのEU離脱(ブレグジット)の実現を目指している。だが、それが実現した場合、イギリス経済はどうなるのだろうか。ブレグジットが抱える問題点を、経営コンサルタントの大前研一氏が指摘する。

 * * *
 9月3日にイギリス議会が再開される。そしてここからイギリス発の大波乱が幕を開ける。

 周知の通り、イギリスではテリーザ・メイ前首相の辞任に伴う与党・保守党の党首選に勝利したボリス・ジョンソン氏が7月下旬、新首相に就任した。日刊紙『デイリー・テレグラフ』の記者や週刊誌『スペクテイター』の編集長などを経て2001年に政界入りし、ロンドン市長や外相を務めた人物だ。

 その外見や強硬かつポピュリズム(大衆迎合主義)の政治姿勢、失言の多さから「イギリスのトランプ」の異名をとるジョンソン首相が目指しているのが、10月31日の「ブレグジット(イギリスのEU離脱)」だ。

 しかし、これには大きく三つの問題がある。

 まず、現在はイギリスからEUに輸出する工業製品の関税は無税だが、離脱後は関税を課されるため、EU市場における競争力が大きく低下する。だから、すでに多くの企業がイギリス国外に移転するか、事業を縮小している。日本企業も、パナソニックとソニーが欧州本社をオランダに移し、本田技研工業は撤退を発表、日産自動車もイギリス中部にあるサンダーランド工場での「エクストレイル」次期モデル生産計画を取りやめた。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。