マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

英ジョンソン首相、ブレグジット実現で英国経済が直面する3つの問題

2019年9月9日 16:00

 だが、コービン党首は日によって言うことが変わる煮え切らない人物で国民の人気も低いため、不信任案が可決されても暫定内閣が成立しない可能性もある。そうなれば、ジョンソン首相は解散総選挙を遅らせてハード・ブレグジットを強行するという観測も浮上している。

 いずれにしても解散総選挙の争点は、ブレグジットの是非を問う国民投票をもう1回やるかどうか、になる。直近の世論調査によると、残留派は48%、離脱派は38%で、投票しない人や分からないと答えた人を除くと残留派が56%、離脱派が44%だ。したがって、もし再び国民投票が実施される可能性があれば、EU側も喜んでブレグジットの延期に応じるだろう。

※週刊ポスト2019年9月13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。