マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

固定費見直しは家計の節約効果大、変動費見直しのポイントは食費

2019年11月2日 7:00

食費は削れる? 削れない?

 次に、6大変動費の内訳を見てみよう。

【車の維持費】平均1万3203円
 ガソリン、駐車場、高速道路などローン以外の車の維持費は、2万円未満が多数派。

【レジャー・交際費】平均4万3485円
 1万円未満の世帯が約5割。クーポンを活用したり、不要なつきあいを見直せば節約に。

【食費】平均4万7495円
 2万円未満も11%いたが、最多層は2万~5万円未満。食費の節約は意見が分かれる。

【医療・介護費】平均8739円
 1万円未満の世帯は77%だが、今後は負担額が上がる見込みだ

【お小遣い】パートナー平均2万5546円、自分平均1万7578円
 夫やパートナーのお小遣いが0円という世帯も約1割いた。

【服飾費】平均9085円
 5000円以下の世帯が44%。美容関連費も5000円以下の世帯が半数以上だった。

 これらの変動費をどう削っていくか。

「定期的に通うもののペースダウンを。私の場合、美容院を年4回から3回に減らし、年2万円を節約しました」

 食費は「もっとも削れる」という人がいる一方で、「絶対に削れない」という人も。

「食は人生を豊かにするので、無理に削りすぎる必要はありません。削りたい人は、購入時にクレジットカードなどを使いキャッシュレス決済を。そうするだけで0.5~1%、さらにキャッシュレス・ポイント還元事業対象店での決済なら合計2.5~6%ポイントが貯まります」

 家計が赤字なら試してみる価値はあるだろう。

※女性セブン2019年11月7・14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。