マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

批判されがちな「意識高い系」の若者たち、実際の印象は?

2019年10月26日 16:00 マネーポストWEB

「意識高い系」の若者たちと接してみてわかったことは…(イメージ)
「意識高い系」の若者たちと接してみてわかったことは…(イメージ)

 いわゆる「意識高い系」という言葉はネガティブな意味合いで使われることが多い。Wikipediaの同用語の説明については「自分を過剰に演出する(言い換えれば、大言壮語を吐く)が中身が伴っていない若者、前向きすぎて空回りしている若者、インターネットにおいて自分の経歴・人脈を演出し自己アピールを絶やさない人などを意味する俗称である」と書かれている。ネガティブに捉えられがちだが、その実態はどうなのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏(46)が、これまで出会ってきた「意識高い系」若者たちの印象について綴る。

 * * *
 私はここ数年、若者と飲んだり一緒にイベントに登壇することがとみに増えてきました。彼らは「意識高い系」と傍目には見えると思います。業界をまたいだ友人が大勢いて、積極的にSNSで情報発信するだけでなく、勉強会にも積極的に参加し、読書量も多い。

 Wikipediaの説明と異なるのは、彼らが「過剰に演出せず、他人に対して丁寧に接する」「空回りしていない。周囲の共感を得ている」「経歴・人脈は演出せず事実を書く」という部分です。

 彼らのコミュニケーション能力の高さは、ややもすれば「お調子者」「他人に取り入るのがうまい」といったネガティブな評価を受けてしまうかもしれませんが、なんといいますか、年上の立場からすると、そうした様子がいちいち「可愛げがある」と感じられてしまうのです。

 私はPR業務に関するゼミの講師をここ8年ほど続けてきましたが、そこで出会った歴代の若者たちとは今でも交流があります。積極的に年上の講師陣を飲みに誘ってくれ、ゼミのフェイスブックグループを作り、メンバー同士交流を深めている。時には合宿まで企画するし、ステップアップした転職を成功させたりもする。

 個人の名で勝負できるようになった人も何人もいますし、彼らの成長を見ていると「チッ、目立ちやがって」や「オレの立場を脅かす存在になるのか、ケッ」なんてことは一切思わず、「おめでとうございます」や「よくこれまで頑張ってきましたね」と祝福やねぎらいの言葉をかけたくなります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。