マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

時価総額9兆円、年収2000万円 キーエンスとはどんな会社か

2019年11月21日 7:00

業績絶好調、キーエンスとはどんな会社なのか

業績絶好調、キーエンスとはどんな会社なのか

 業績は絶好調、給料も破格。なのにどんなことをしている会社なのかあまり知られていない──。キーエンスという“謎の優良企業”を探ってみると、既存の日本企業とは全く異なるユニークな個性が見えてきた。

ソフトバンクGを超えた

 東京株式市場で異変が起きた。近年、日本企業の時価総額上位は1位がトヨタ、2位がNTT、3位NTTドコモ、4位ソフトバンクGまでが不動の4強だった。ところが、去る11月1日、ある会社が時価総額9兆円を突破し、ソフトバンクGを抜いて4位に躍り出た。株式会社キーエンスである。そのインパクトを経済ジャーナリストの町田徹氏はこう解説する。

「上位に名を連ねている企業は軒並み巨大企業ばかりで、発行済み株式数が多いのが特徴です。その中でキーエンスは異質で、比較的若い会社でそれほど規模も大きくないから、発行済み株式数は群を抜いて少ない。

 時価総額上位にランクインしたのは、ひとえに株価の高さ(11日1日終値で7万4470円)によるもので、時価総額トップ10の中でも一番株価が高い。キーエンスという会社の強さを物語っています」

 この会社がもう一つ注目を集めるのは、社員の給料の高さである。『就職四季報2020年版』によれば、総合職の平均年収は1位でその額なんと2088万円。ランクインした企業で唯一の年収2000万円超えで、2位の三菱商事(1541万円)を500万円以上も引き離している。

 時価総額4位で平均年収1位、これだけの優良企業なのに一般的な知名度は高くない。同社のHPを見ても〈キーエンスは、ファクトリー・オートメーション総合メーカーです〉となじみのない言葉が並ぶだけ。

 いったい、何をしている会社なのだろうか。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。