マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

時価総額9兆円、年収2000万円 キーエンスとはどんな会社か

2019年11月21日 7:00 週刊ポスト

キーエンスは時価総額ランキング4位に
キーエンスは時価総額ランキング4位に

粗利益80%を叩き出す秘密

 社名から外資系企業と誤解されることも多いが、同社は1974年に滝崎武光氏が兵庫県尼崎市で設立した創業45年の日本企業である。

 社名は「キー・オブ・サイエンス」に由来しており、自動車や精密機器、半導体製造の工場などでの生産工程を自動化するセンサーや画像処理システムを手がけている。現在は大阪に本社を置き、従業員数は7941人(2019年3月期)。46か国210拠点で事業を展開し、25万社と取引があり、いまや売り上げの半分を海外が占める。

 製造しているのは工場向けの製品で、しかも半分は海外向け。だから一般的に知られていないのだ。キーエンスの強みとは何か。公認会計士の川口宏之氏はこう話す。

「キーエンスは自社で工場を持たず、商品の製造は安く外注しているため、粗利益(売上高から原価を差し引いたもの)が極めて高いのです。製造業の粗利益率の相場はせいぜい20~30%くらいですが、キーエンスは82.3%(2019年3月期)と突出しています」

 自社製造の代わりにキーエンスが力を入れているのが、圧倒的な「営業力」だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。