マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

カジュアルな服装でOKでも… ビジネスマンが語るスーツのメリット

2020年1月27日 16:00

オフィスカジュアルの時代でもスーツを着続ける理由は?

オフィスカジュアルの時代でもスーツを着続ける理由は?

 かつてはサラリーマンの必需品とされたスーツ。しかし、オフィスカジュアルの普及もあり、様々な業界で「脱スーツ」の流れは着実に進んでいる。一方で、スーツに仕事上のメリットを感じる人や、カジュアルな装いでも許される職場ながら、好んでスーツを着る人もいる。

 広告代理店のクリエイティブ職に就く30代の男性・Aさんは、以前は職場だけでなく、客先でも自由な服装をしていた。しかし最近、スーツを着ることによるメリットが大きいと考えるようになったという。

「スーツを着用するのは、提案時に説得力が出やすいからです。私の顧客は大企業が多く、単純にスーツ姿だと『ちゃんとしている人』だと思われやすい。打ち合わせやプレゼンの時、スーツ姿にした結果、明らかに好印象を持ってもらっている実感があります」(Aさん)

 ただしAさんは、「本音ではスーツを着ることが好きではない」と明かす。

「スーツは肩も凝るし、蒸れるし、着るのにも一手間かかるし、1着あたりの値段も高い。脱ぎたくなる時も多いです。でも、カジュアル化がすすんでいるからこそ、自身の差別化もしやすいし、着用していることでの価値が上がる」(Aさん)

 IT企業に勤務する20代の男性・Bさんの同僚たちは、皆TシャツやカジュアルなYシャツにラフなジャケット、パンツといった典型的なビジネスカジュアルだ。だがBさんは、入社以来1日も絶やさずに、スーツでの勤務を続けている。

「スーツを着ることによって、決して『損する』ことはありません。世の中のトレンドが変わろうとも、スーツがビジネスシーンの“正装”であることは変わらない。スーツでないことがマナー的にNGになることがあっても、着ていることがマイナスになることはない。世間一般の常識に沿って考えるなら、選ばない理由はないと思います」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

FXトラリピ最強トレーダーの2020年一押し通貨ペアとは
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。