マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

【日本株週間見通し】メジャーSQなどを控え、今週も日経平均は荒れるか

2020年3月8日 8:00 マネーポストWEB

 また、今週は10日に2月工作機械受注、中国2月生産者物価・消費者物価指数、11日に米2月消費者物価指数と日米中で主要経済指標の発表が、波乱材料として働く可能性もある。

 物色的にはメジャーSQを控えて主力大型株に手掛けにくさが意識されるなか、個別材料株物色の展開が主体となってこよう。治療薬開発など新型肺炎関連のほか、東証2部のアルチザ<6778>の決算発表とノキア社からの受注ニュースをきっかけに5G(第5世代移動通信システム)の業績インパクトが改めて注目されて物色のすそ野が広がる期待がある。

 今週の主な国内経済関連スケジュールは、9日に1月国際収支、10-12月期GDP改定値、2月景気ウォッチャー調査、10日に2月マネーストック、2月工作機械受注、12日に2月国内企業物価指数、1-3月期景気予測調査、2月都心オフィス空室率、13日にメジャーSQ、1月第三次産業活動指数の発表が予定されている。

 一方、米国など海外主要スケジュールでは、10日に中国2月生産者物価・消費者物価指数、11日に米2月消費者物価指数、米2月財政収支、12日にECB定例理事会、ラガルドECB総裁会見、米2月生産者物価指数、13日に米2月輸出入物価指数、米3月ミシガン大学消費者マインド指数が予定されている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。