マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

シールにギザ10… 懐かしくも少し恥ずかしい子供の頃のコレクション

2020年3月16日 15:00

特に売るわけでもなくただ「ギザ10」を集めていた
特に売るわけでもなくただ「ギザ10」を集めていた

 多くの人にとって、子供の頃に何かを集めていた思い出があるだろう。当時は夢中になって集めていたものでも、いま思えばどうしてそんなにこだわって収集していたのか、不思議なものも多い。そして、そんなものほど処分できない。「昔集めていて、まだ捨てられないものがある」という人に、話を聞いた。

 30代女性会社員・Aさんは、帰省した際に自分の部屋を整理したところ、「シール帳」を見つけた。小学生当時、シール集めと交換に夢中だったと懐かしそうに話す。

「クラスでシール集めや交換が流行っていて、私も夢中でした。普通のシールだけではなく、いろいろと種類があって懐かしい。立体的な形のぷくぷくシールやタイルのような形状のタイルシール、ビーズとかが入っているシャカシャカシール。クラスには“交換レート”みたいなものもあって、シャカシャカシールの価値は高いので、ほかのシール何個分、みたいになっていました」(Aさん)

 シール帳には、自分で“独自コーナー”を作るなどして工夫していたという。

「自分がかわいいと思うシールに、『めちゃお気に入り』『好き』とかいちいち書いて、“仕分け”していました。シール帳がパンパンになり、分厚くなっていくのもうれしい悲鳴でした。何の約にも立ちませんが、捨てられませんね……」(Aさん)

 20代女性会社員・Bさんは、無類の“パッケージ好き”。自分で集めるのはもとより、親が買ってきた化粧品やお菓子の箱や包装紙、紙袋といったものを取っておいてもらっていたほどだ。

「お菓子のパッケージや缶ってすごくきれいでかわいいものが多いんです。外国のものだったりするとより可愛いし、レア感もある。化粧品のパッケージも好きで、金や銀の箔が入り、色合いもきれいなデザインのものが好き。大人になったいまでも、パケ買いしてしまうことがあります」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。