マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

趣味のコレクションの数々、突然収集をやめた人たちの事情と顛末

2019年10月22日 15:00

コレクションは楽しいが、生活の負担になる側面も(イメージ)

コレクションは楽しいが、生活の負担になる側面も(イメージ)

 コレクションは楽しい趣味だが、あまりにも熱心になりすぎると、かかる費用、探す手間や時間、置くスペースなど、色々と問題も発生する。止めるタイミングを見つけるのはなかなか難しいが、収集癖を捨てた人は、どんなきっかけでコレクションをやめたのだろうか。

 北海道在住のAさん(60代・男性)は、小学校の頃から大の巨人ファン。中でもドハマリしたのが松井秀喜だった。年に一度は東京ドームに足を運んで松井グッズを買い漁り、特に熱心に集めたのが「ホームランカード」。これは松井がホームランを打つたびに発行されていたもので、カードを額縁に入れて飾るほどの入れ込みようだった。それが、2004年に大きく状況が変わったという。Iさんがいう。

「それまで北海道では、プロ野球=テレビで見るものでしたが、2004年に日本ハムが北海道に移転し、地元球団が誕生しました。私は巨人ファンを貫くつもりでしたが、そもそも野球が好きなので、札幌ドームに足を運んでいるうちに徐々に気持ちが日本ハムに移り、2006年に日本ハムが日本一になった頃には、完全に日本ハムファンになっていました。

 松井はその時、すでに大リーグに行っていて、相変わらずグッズは集めていましたが、自宅に巨人のグッズと日本ハムのグッズが並んでいると、“二股”をかけているような気がして……。松井が引退した時に、思い切って松井のグッズはすべて手放してしまいました」(Iさん)

 巨人と日本ハムはリーグが違うが、交流戦や日本シリーズなどで戦うこともある。「二股はよくない」という真摯な考えから、自らコレクションと決別したというわけだ。

 完全なる不可抗力でコレクションを強制的にやめさせられたのは、東北地方在住のYさん(40代・女性)だ。

「結婚して専業主婦になってから始めた趣味が、食器のコレクションでした。もともと母親が食器好きで、高価なティーカップやワイングラス、ブランド食器などを譲り受け、自分もコツコツと国内外のブランド食器を集めていましたが、東日本大震災の時に、激しい揺れで大量の食器が食器棚の中で割れてしまいました。こういうことを体験してしまうと、もう一度集めようという気は起きません。それまでは飾るだけだった食器も普段の食事で使うようになり、また時々割ってしまうことがあるので、着実に食器の数は減っています」(Yさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。