マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

海外の勤務先でコロナ感染した場合、労災は適用されるか?

2020年3月29日 11:00

 しかし、伝染病への罹患が労災保険給付の対象になるかは別問題。業務に起因する疾病は労災になりますが、その中に「細菌、ウイルス等の病原体による疾病」として5類型があります。今回の新型では「診療、看護または研究の目的で病原体を取り扱う業務による伝染病疾患」か「その他細菌、ウイルス等の病原体にさらされる業務に起因することの明らかな疾病」にあたるかがポイントになります。

 前者は、医師や看護師などが治療などに携わって感染すれば、労災になります。後者に関して厚労省は通達で、業務の性質、感染機会と業務の関係、医療業務以外の感染リスクの低い感染症かなどの諸点を踏まえて業務起因性を判断するよう指示しています。風土病や伝染病など危険な業務に従事した結果、感染の場合は労災保険の適用があると思います。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2020年4月3日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。