マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

アパホテル、コロナ不況でも攻めの姿勢「今は設備投資のチャンス」

2020年4月10日 7:00

──しかし、この出口が見えない不況の中で続けるのは難しいのでは?

元谷:アパホテルには、赤字でも持ちこたえる十分な体力があります。昨年の決算(2019年11月期)は、売上高が1371億円で営業利益が359億円。毎年、コンスタントに350億円前後の利益を出していますし、創業以来、一度も赤字を出してない。借入金が2000億円から3000億円ぐらいなのに対し、資産は1兆円以上ある。1年や2年、現在のような逆風が続いてもびくともしません。

 いまの厳しい環境は、むしろ当社にとっては設備投資のチャンスです。現在は超低金利ですし、少々割高でも1万室クラスのホテルチェーンを買収する余力がある。メインバンクには「いい出物があればいつでも買う用意がある」と話をしています。

 景気が順風の時はどのホテル会社も追い風なので、雨後の筍のように新しいホテルを建てる。ところが景気が悪化すると一転して経営が傾くホテルが現われる。百花繚乱期から寡占化のステージに入っていくんです。

 当社の目標は、その寡占化に一番乗りすること。具体的には、客室数の市場占有率で20%を取ることです。

 当社は今年3月に10万室に到達しましたが、それでもまだ10%に届いていない。並み居る同業他社の倍以上の利益を出している強みを背景に、拡大路線をまだまだ続けていきます。

【PROFILE】もとや・としお/1943年、石川県生まれ。1971年、信金開発(現アパグループ)を創業。1984年にホテル事業を開始し、日本最大のホテルネットワークに成長させた。

●聞き手/河野圭祐

※週刊ポスト2020年4月17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。