マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

しばしば遭遇する「絶対に謝らない人」へ 謝るのはこんなに得!

2020年4月24日 16:00 マネーポストWEB

「彼女とケンカになった時のことです。ケンカの理由は、明らかに彼女に非があるものだったので、彼女をけちょんけちょんに言い負かしてしまうったら、彼女は号泣。結局、付き合いはそれっきりになってしまいました。友人に『向こうが悪かったのに……』とこぼすと、『自分の彼女にケンカで勝って嬉しいか?』『“俺も悪かった”の一言で済むんだよ』と、ぐうの音も出ないことを言われました」

 成功と失敗の2つの教訓から、謝ることの大切さを学んだAさん。四半世紀にわたるサラリーマン人生では、不条理なことを言われたり、他人の失敗を自分のせいにされたり、約束を反故にされたりといった不愉快な経験を何度もしてきたが、“有事”の際にはすぐに謝るスタイルを貫くことで、何とか乗り越えてきたという。

「自分が悪い時はもちろん、どちらに非があるか分からない時も、私はさっさと謝ってしまいます。こちらが先に謝れば、大抵は相手からも、自分にも非があることを認めるセリフが出てくるもの。それでも自分の非を認めないような人間は、『その程度のヤツか』と見限って、以後は関わらないようにすれば良いだけです。とぼけたり、開き直ったり、クドクドと言い訳をするぐらいなら、さっさと謝った方が時間もムダになりません。

 ビジネスシーンでは『謝ったら負け』みたいな主張も見かけますが、それは言質を取られたら重大な影響が生じるような立場の人間の話。私のようなペーペーのサラリーマンで、しかも日本人を相手に仕事をしている人間なら、誠心誠意をもって謝れば、たいていのことは許してもらえます」

 このような言い分を紹介すれば、Aさんのことを人格者だと思う方もいるだろうが、実際の姿はそんなに美しいものではない。それは彼が事あるごとに口にするセリフに集約されている。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。