マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

病院代「何度も初診料払わない」「無駄な出費を抑える」方法

2020年5月19日 15:00 週刊ポスト

 明細書を読むには、大きく2つのポイントがある。「基本診療料」と、医者が行なった検査などの診療行為にかかる出来高部分の「特掲診療料」だ。その内訳は点数で表示され、金額は「1点=10円」で計算。点数に0をひとつ加えたものが実際の金額となる。

 基本診療料は「初診料」「再診料」、時間外の通院・入院にかかる「時間外加算」の組み合わせで、病院に行くと全員に必ずかかる。一方、特掲診療料は医者の裁量に関わってくるので注意が必要だ。

 たとえば、病院によって検査項目の違いがあるので、同じ病気でも医療費に差がつく。これは特掲診療料の差によるものだ。前述の初診か再診かの例と同じで、患者自らがどんな医療行為にどれだけ医療費がかかるか把握することが重要になる。

※週刊ポスト2020年5月22・29日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。