マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コロナで延期される納骨法要 納骨堂では“エア法要”の実施も

2020年6月6日 11:00

新宿瑠璃光院で行われる「エア法要」の様子
新宿瑠璃光院で行われる「エア法要」の様子

 コロナ禍で、お墓や法要を取り巻く状況はどう変わったのか。著書『いまどきの納骨堂 変わりゆく供養とお墓のカタチ』(小学館)の著者であるノンフィクションライターの井上理津子さんがレポートする。

 * * *
「緊急事態宣言を重く受け止め、すみやかに出入り口を閉鎖し、来館をお断りした」と、明かしてくれたのは、神奈川県内の自動搬送式納骨堂の葬祭部長だ。自動搬送式納骨堂とは、厨子が保管庫に収められ、ベルトコンベアで運ばれてきて、参拝所に元より設置された墓石にセットされる仕組みの屋内墓。寺が運営する。とりわけ首都圏で、近年急増した。

 この葬祭部長が勤める納骨堂では、通常、法要は堂内に設けられた本堂などで行われる。閉門した4月中旬から、当初緊急事態宣言の期限とされた5月6日までに、約80件の法要の予約が入っていて、そのうち約30件が納骨法要だった。電話で取り消しを伝えると、皆、承諾し、トラブルは一件も起きなかったという。

「いつなら、法要の再予約をできますか?」
「緊急事態宣言の解除がいつになるか見えないので、分かりません」
「そうですね…」
「緊急事態宣言の解除後に、改めてご相談ください」
「分かりました」

 概ね、そんなやりとりだったそうだ。緊急事態宣言が5月末まで延長された5月4日、さらに約50人の施主に、同様の連絡をした。

 当然、納骨堂にとっては営業面で大きな痛手だ。しかし、3月30日・31日に、愛媛県松山市の葬儀会館が感染源となった例があった。「従来どおりに営業を続けて、もしうちが感染源になると、元も子もない。来館者から私たちスタッフへの感染もあり得る」との判断だった。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。