マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

お金の危機への“最終手段”、年金担保貸付で助かった人・苦しんだ人

2020年7月11日 7:00

 上手に利用したい年金担保貸付だが、実は2022年3月末で受け付けを終了する予定だ。理由は、老後の「生活の糧」である年金が返済に消え、結局、生活に困窮する人が少なくなかったからだ。利用者の約7割が「2回以上」のリピーターで、“依存”している高齢者がいたこともうかがえる。

「今後は、各都道府県の社会福祉協議会が運営する『生活福祉資金貸付制度』を活用することとされています。これは生活困窮者に低金利で融資する制度。年金受給者も生活に困れば利用でき、保証人がいれば無利子で、保証人がいない場合も年1.5%の低金利です。冠婚葬祭の経費で上限50万円、住宅の改修で上限250万円などとなっています」(前出・井戸さん)

 年金暮らしだから借りられないとあきらめるのではなく、制度を賢く利用したい。

※女性セブン2020年7月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。