マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

在庫10万本の名物印章店 最も画数が多い54画のハンコとは?

2020年7月20日 7:00

店内には膨大な数のハンコが並ぶ
店内には膨大な数のハンコが並ぶ

 印章を使ったビジネスや手続きは、どうしても時間がかかる。実印が登録されるようになってまもなく150年。そろそろ次の時代に移行してもいいのではないのかと秀島さんは考えているようだ。ハンコの時代は終わってしまうのか。

「いや、ホビーとしてのハンコはずっと続くと思う」

 秀島さんの名刺の肩書きは「はんこデザイナー」。

「自分の書や、作品に押す落款など、自分だけのオリジナルのゴム印のオーダーが増えている。依頼主の名前や使い方、さらに個人の雰囲気などを総合的に考えて、私がデザインし、彫るというまったくのオリジナル。皆さんビジネスはもちろん、趣味など目的に応じて使っています」

 もともとグラフィックデザイナーになりたかったというだけに、秀島さんも楽しそうである。

 これまで、どうしても堅苦しい使い方だけを考えていたハンコだが、働きかたが変わるように、新しい時代になっていくのかもしれない。

撮影■松隈直樹

※週刊ポスト2020年7月24日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。