マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

8割が「使う」と回答した10万円給付金、実際はほとんど貯蓄に

2020年8月28日 7:00

 では、収入増・支出減によってお金はどこに行ったのかというと、やはり貯蓄にお金を回す人が多かったとみられる。5月の預貯金の引き出しは前年同月比13.6%減、反対に預貯金への預け入れは同10.9%増だった。これは、預貯金から現金を引き出して消費などに充てるという行動が抑えられた一方で、手持ちの現金を預貯金に預けたことを意味する。特に5月は、給付金が銀行口座に振り込まれ始めたタイミングとも重なり、これによって5月の貯蓄純増は同1034.2%増という大きな伸びを見せた。

 もちろん「これから使う予定」という人も多いだろうし、まだ6月の数字が出ていないこともあり、はっきりしたことは言えないが、現段階では特別定額給付金の多くは消費よりも貯蓄に回され、消費喚起にはつながっていないと思われる。国の大盤振る舞いの甲斐あって、事前のアンケート調査では消費への意欲が高まったように見られたが、コロナ感染拡大の収束が見えないことや、この先の生活への不安もあって、実際に給付金を手にしても、もしもの時のために貯金しておきたいと思うのが人々の本音かもしれない。

【プロフィール】すずき・まさみつ/金融ジャーナリスト。岡三証券、公社債新聞社の記者などを経て独立し、有限会社JOYntを設立。投資信託や資産運用を中心に雑誌やオンラインメディアに寄稿する他、出版プロデューサー兼ライターとして230冊以上の単行本の企画・制作を手掛ける。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。