マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

パチンコ出玉速度に特化した機種が人気化 規制と緩和繰り返す業界の未来は

2020年8月31日 16:00

規制と緩和を繰り返すパチンコ業界の未来は?(イメージ)
規制と緩和を繰り返すパチンコ業界の未来は?(イメージ)

 出玉規制とともにユーザー離れが深刻化しつつあると言われているパチンコ業界だが、そんななか、今年の4月に導入された『P大工の源さん 超韋駄天』(三洋物産)というパチンコ機種が話題となっている。パチンコ業界に詳しいフリーライターの藤井夏樹氏が解説する。

「この『P大工の源さん 超韋駄天』は、1996年から続く『大工の源さん』シリーズの最新機種。“超源RUSH”と呼ばれる状態に入った時の、出玉スピードがかなり速いということで人気が出ています。一度RUSHに入ると平均3.5秒で当たりか否かが判明、約93%でRUSH状態が継続するという出玉システム。とにかく出玉の増加速度が速くて、RUSHが続きさえすれば、1時間で3万発以上出るといわれています。3万発というのは、等価交換で考えれば12万円分。かなりの出玉です」(藤井氏・以下同)

 実際にSNSを見ると、“17分で1万2000発”、“27分で1万8000発”、“40分で約3万発”などといった出玉報告が多数投稿されているのを確認できる。

「ここ最近のパチンコは、出玉スピードというものを重視する傾向にあり、この『P大工の源さん 超韋駄天』は、まさにその速度を楽しむ機種といえます。今後この傾向は続きそうです」

 しかし、当然ながら出玉スピードが速いからといって、勝ちやすいというわけではない。

「まずRUSHに入れるのが大変で、さらにRUSHに入っても、すぐに終わってしまうこともある。それこそ数万円使って、やっとRUSHに入ったけど単発で終わる、なんてこともあります。それだけリスクが高い機種でもあるといえます」

『P大工の源さん 超韋駄天』のような特徴的な出玉性能を持つ機種が人気になると、パチンコ業界も盛り上がることになる。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。