マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

パチンコ出玉速度に特化した機種が人気化 規制と緩和繰り返す業界の未来は

2020年8月31日 16:00

「『P大工の源さん 超韋駄天』自体は、販売台数がそこまで多くないので、この機種だけで大幅な集客アップが見込めるというものではありませんが、今後この手の機種が流行っていけば、パチンコファンも増えていくことが見込まれる。そういう意味では業界が期待している部分は大きいと思います」

 しかし、人気機種の登場が業界にもたらすデメリットもあるという。

「パチンコ・パチスロ業界は、つねに出玉性能の規制と緩和を繰り返しています。出玉性能が高い機種が登場して、それが人気となれば、徐々に射幸性も高まってくる。その結果、問題視されて、今度は出玉規制の方向に進み、同様の機種を作れなくなるわけです。出玉が規制されれば、一気にユーザーは減ってしまうので、業界的にはあまり目立つスペックの機種ばかりになって欲しくないという思いもあるのです」

パチスロ4号機時代の射幸性の高さが仇に

 出玉の規制と緩和のサイクルの煽りをもろに食らっているのが、今のパチスロだ。

「今のパチスロは6号機と呼ばれる世代ですが、これは射幸性が高くなりすぎた5号機の出玉を規制した結果のもの。5号機に比べると6号機は出玉性能がかなり抑えられていて、パチスロ業界はユーザー離れに苦しんでいるところです。

 ちなみに、過去のパチスロの中でもっとも射幸性が高かったと言われているのが、4号機時代です。4号機時代には、6万枚や7万枚出たという報告が頻繁にありました。等価交換で換算すると6万枚は120万円、7万枚は140万円で、さすがに規制されても仕方ないくらい出ていたと言わざるを得ない。それで、大幅に出玉が規制されて登場したのが5号機だったわけですが、それもいつの間にか射幸性が高まり、規制されて6号機に移行したという流れです。もし、4号機時代に射幸性がもう少し抑えられていたら、今ほど出玉が規制されていなかったのではないでしょうか」

 今後、パチンコ・パチスロ業界はどういった方向に進んでいくのだろうか。

「今は、パチンコもパチスロも、出玉が規制された後の状態なので、新たな出玉性能のトレンドが生まれてくる時期。パチスロも6.1号機と呼ばれる機種がそろそろ本格的に登場して、少しずつ出玉性能が高まってくると予想されます。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。