マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

料理の「作り置き」なぜやめた? 効率悪い、腐らせる…それぞれの事情

2020年9月14日 15:00

腐らせてしまうくらいなら食べ切った方がラク

 周りのママ友の間で一時期、作り置きブームが起きたが、自分は諦めたというのは、40代の主婦・Bさんだ。

「ママ友の間で一時期盛り上がりましたが、私は『作ったんだから食べないといけない』というプレッシャーに苦しみました。そもそも食材のまとめ買いが苦手。ちょくちょくスーパーに行きたいので、その日に献立を考えるか、その時食べたいお惣菜を買ってしまうことが多いんです」(Bさん)

 Bさんが作り置きをしていたとき、手間の問題とは別に懸念していたことがあった。「傷み」との戦いだ。

「傷みを確認する作業に悩まされました。モノによっては腐らせてしまうこともあって、あの罪悪感と後処理が辛くて……。作り置きしても食べきれず、処分してしまうくらいなら、その日に作ったものを食べ切った方が精神衛生上ラクですね」(Bさん)

 家庭を持つ人だけではない。一人暮らしでも作り置きに挫折したという人もいる。30代の男性会社員・Cさんだ。

「おかずを保存するためのタッパーを10個くらい買ったんですが、2回で挫折しました。一人暮らしだと、量を作っても食べきれないし、冷凍したらしたで、ほとんど解凍することもない。買い物に行って、何品も作って、という時間と手間を考えると、定食屋さんに行って、副菜を何品かつけたほうが、僕的にはよっぽどコスパがいい気がします」(Cさん)

 効率を考えて作り置きにチャレンジしたはずが、なかなか続かない背景には、各人それぞれの事情があるようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。