マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

企業再生への政治介入 ダイエー再建時は省庁間で主導権争い

2020年9月24日 7:00

「その『最終通告』の回答を前に高木社長が行方不明になる“事件”も起きました。再生機構の斉藤惇社長に『(回答を)お待ちでしょうが、今日はうかがいません』と高木社長らしき声で電話が入ったとされるが、実は高木社長はこの時、経産官僚に囲い込まれていて、機構入りを拒否するよう迫られていた。

 それを知った小泉純一郎首相が“いつまでそんなことをやってるんだ”と叱責し、解放させたということです。

 ダイエーは産業再生機構がいったん引き受ける形で決着したが、経産省対金融庁(=再生機構)の争いも、どちらが窓口になったとしてもダイエーを外資に叩き売ろうという主導権争いでしかなかった」

 現実はドラマより奇にして烈なり、である。

※週刊ポスト2020年10月2日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。