マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

身内が死去した時に「年金の未支給分」をもらう手続きの注意点

2020年10月3日 7:00

死後にもらえるお金の手続きスケジュール
死後にもらえるお金の手続きスケジュール

 一家の大黒柱が亡くなれば、残された遺族が不安にかられるもの。しかし、申請すればもらえるお金は色々とある。

「厚生年金を受給中の夫が亡くなり、妻の私は遺族厚生年金をもらえますか? といった相談が多く寄せられます」と話すのは、社会保険労務士の星川秀幸氏。そこで、身内が亡くなり遺族が申請すれば、もらえるお金を時系列で並べた(別掲表A参照)。

 そのひとつが年金の未支給分だ。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美氏が解説する。

「原則として年金は、偶数月の15日に前月と前々月の2か月分が振り込まれます。年金は故人が亡くなった日の月の分まで受給できますが、たとえば、5月1日に亡くなって6月の振り込みが停止されると、4月と5月の2か月分の年金を受け取れません。この請求は自ら行なう必要があります」

 未支給年金を請求できるのは、故人と生計をともにした配偶者、子、父母、孫、祖父母などだ。

 手続きは、年金事務所などで「未支給年金請求書」とともに、「年金受給権者死亡届」を提出する。死亡届の提出期限は国民年金が14日以内で、厚生年金は10日以内。

「提出が遅れると、不正受給になる怖れがあります。マイナンバーが未登録の場合、まず死亡届を提出して年金振り込みを止め、未支給分の年金があるなら、別途請求する手続きが必要になります」(前出・丸山氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。