マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

携帯料金は高すぎる? 家計を圧迫する通信費、20年で1.5倍に

2020年10月6日 16:00

 2019年の毎月の通信費は、2人以上世帯では平均13,591円。2019年の毎月の消費支出をみると平均293,379円なので、消費支出全体に対する通信費の割合は4.6%となります。この消費支出に対する通信費の割合について、改めて2000年からの推移をみてみると、

2000年3.0%(消費支出317,328円、通信費9,521円)
2019年4.6%(消費支出293,379円、通信費13,591円)

家計における通信費の割合は年々増加の一途
家計における通信費の割合は年々増加の一途

 グラフでも、年を追うごとにパーセンテージがじわじわと高まっていることが確認できます。上述のように、子どもたちも含め、家族それぞれがスマートフォンを利用する昨今。近年は「格安スマホ」が登場するなどの動きはあるものの、20年前と比べると、消費支出に対する通信費の割合は増加傾向にある=家計全体を徐々に圧迫しているといえそうです。

 コロナ禍による経済の冷え込みが懸念される昨今。もしもこの先、家計の所得が減少すれば、家計に占める通信費の割合がさらに高まり、そのぶん他の商品・サービスの消費にお金が回りにくくなる……という状況も考えられます。

 新政権発足とともに、にわかに注目を集める携帯電話料金。今後の消費動向を考える上でも、どのような帰結を迎えるのか注意してみていきたいところです。

◆レポート/三矢正浩(博報堂生活総合研究所 上席研究員)

参考情報

〇総務省「家計調査」
参考URL https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html

〇博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
調査地域 全国
調査期間 2019年5月28日~6月1日
調査対象者 15~69歳の男女10,000人(性年代・エリアの人口構成比で割付)
調査方法 インターネット調査
参考URL https://seikatsusoken.jp/shohi2019/10k-research/

〇博報堂生活総合研究所「子ども調査」
調査地域 首都40km圏
調査期間 2017年2月15日~3月21日
調査対象者 2017年3月31日時点で小学4年生~中学2年生に在学する男女800人
調査方法 訪問留置調査
参考URL https://seikatsusoken.jp/kodomo20/

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。