マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相続税対策となる「孫への贈与」 教育資金や子育て資金も非課税に

2020年10月18日 15:00

相続対策として活用できる4つの制度(【2】と【3】は贈与を受ける人の前年の所得が1000万円以上の場合、利用不可。【4】は贈与を受ける人の年間所得が2000万円以上の場合、利用不可)
相続対策として活用できる4つの制度(【2】と【3】は贈与を受ける人の前年の所得が1000万円以上の場合、利用不可。【4】は贈与を受ける人の年間所得が2000万円以上の場合、利用不可)

不妊治療もカバー「結婚・子育て資金の一括贈与」

 20才以上50才未満の子供や孫に対して、一括で結婚や子育てのための資金を贈与できるのが「結婚・子育て資金贈与」だ。これも来年3月31日までの期間限定の制度だ。

「孫名義で開設した金融機関に一括で預け、結婚や出産の費用がかかったときに引き出せば、その分の贈与税が非課税になります。上限は1000万円です」

 そのうち結婚資金は300万円が限度だが、これには挙式費用や衣装代などの婚礼費用、新婚旅行の費用、家賃や敷金などの新居費用や転居費用も含まれる。妊娠、出産、育児資金についても、不妊治療や検診、産後ケア、子供の医療費や幼稚園・保育所などの保育料(ベビーシッター代も含む)が含まれるなど、幅広く使えるからメリットは大きい。

「この制度でも、結婚・子育てに関連した支払いをしたときは、内容を証明する必要があり、領収書を持参して金融機関からお金を引き出します」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。