マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「脱・ユニクロ」する人も 30~40代のファストファッション選びの基準は?

2020年10月14日 15:00

ファストファッションの選択肢も増えた中、どんな基準で選んでる?(イメージ)
ファストファッションの選択肢も増えた中、どんな基準で選んでる?(イメージ)

 ユニクロ、GU、ZARA──。いまやファストファッションはすっかり生活に根付いた印象だ。だが、選択肢が増えたことで、ファストファッション内でどのブランドを選ぶかが迷いところでもある。どのブランドを着るかは、性別や年齢、趣向によって異なるが、その選択基準や魅力は気になるところだ。

 30代の男性会社員・Aさんは、「脱・ユニクロ」を進めつつあるという。

「これまで品質と値段の兼ね合い的にユニクロを重宝していましたが、最近は安さならGU派。パンツはゆったりめのものがほしいので、GU以外だとcoenに多いゆるめのシルエットでストレッチが効いたものがお気に入りです」(Aさん)

 Aさんは、昔、“全身ユニクロ”だった時代のことを振り返る。

「約10年前、僕が大学生の頃は、ユニクロを着ているとバレる『ユニバレ』があったり、さらに友だちとカブると『ユニカブリ』と言われて、ちょっと恥ずかしいところもありました。いまは全身ユニクロだって誰も気づかないレベル。ただ、シンプルゆえにデザインが単調になりがちなので、最近は全然買っていませんね」(Aさん)

 やはりユニクロに大して「最近あまり買っていない」というのは、40代の主婦・Bさんだ。

「ユニクロは、最近“安くない”気がしてきてしまっています。昔は安いと思っていましたが、今はもっと安いお店がいっぱいある。安く買おうとしてユニクロに行くことはなくなりました。

 安さなら、しまむらとネット通販のヒラキをよく利用します。しまむらは掘り出し物があることが多い。ヒラキはキッズの靴が180円という驚愕の安さ、大人の服も700円代から1000円代後半くらいが多くて、気に入っています。特にキッズ服は300円のものもあり、成長期なのでコスパは抜群。しまむらとヒラキを組み合わせて親子コーデを楽しんでいます。予算は1人3000円もあれば十分。夫の私服もほぼヒラキです」(Bさん)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。