マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国景気の急回復を実現させた「コロナへの初動対応の早さ」

2020年10月21日 7:00

 経済政策では、もっとも重要な金融面での全面的なサポートが1月31日の通知によって発令された。これによって、脆弱な財務体質の中小零細企業や、人の移動制限によって大きなダメージを受ける業種の大企業の資金繰りを全面的にサポートした。その後、3月の全人代では新型インフラ設備投資を拡大させる政策が示され、積極財政も加わった。

 日米欧ではとても真似できない社会・経済・金融に対する迅速で強いコントロール力があったからこそ、新型コロナ禍の震源地でありながら、僅か3、4か月でその封じ込めに成功し、その後の経済の急回復につなげることができたと考えられる。

 前出のIMFによる世界経済見通しによれば、2020年におけるアメリカの成長率は▲4.3%、ドイツは▲6.0%、日本は▲5.3%といった有様だ。新型コロナについては、日本はともかく、アメリカ、欧州では封じ込めるどころか、感染者数は再び拡大している。

 この4年間、トランプ政権は、中国からの特定の輸入品に対して懲罰関税をかけたり、ファーウェイ(華為技術)を筆頭にハイテク企業に対して禁輸措置を行ったり、非常に厳しい対中強硬策を行ったが、果たしてそれで、中国経済はどれほどの影響を受けたのだろうか。

 トランプ政権が誕生する直前の2016年から2019年までの中国の実質GDP成長率をみると、順に6.85%(2位)、6.95%(3位)、6.75%(1位)、6.11%(1位)である。カッコ内はG20の中での順位である。成長率は2017年以降、年々下降しているとはいえ、中国は2018年も、2019年も、世界主要国の中では最も高い成長を達成している。そして、2020年に入ってからは既に示した通りである。

 アメリカは今回の大統領選挙によって、貧富の差による対立、人種による対立、保守とリベラルといったイデオロギーによる対立など、複雑な対立関係が改めて浮き彫りにされた。新型コロナの感染者数は世界最大、未だに封じ込めることができず、今期の成長率は大幅なマイナスが予想される。中国とアメリカのこの差について、なぜそうなるのか、その理由をもっと真剣に考えてみる必要がありそうだ。

文■田代尚機(たしろ・なおき):1958年生まれ。大和総研で北京駐在アナリストとして活躍後、内藤証券中国部長に。現在は中国株ビジネスのコンサルティングなどを行うフリーランスとして活動中。メルマガ「田代尚機のマスコミが伝えない中国経済、中国株」(https://foomii.com/00126/)、ブログ「中国株なら俺に聞け!!」(http://www.trade-trade.jp/blog/tashiro/)も展開中。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。