マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

葬儀業者を通さない「手作り葬」マニュアル 遺体安置、火葬などの注意点

2020年11月13日 7:00

 業者を通さないため、伊藤さんのように火葬場も自分で予約しなければならない。

「民営の火葬場は個人での予約を受け付けていないところがほとんどなので、公営の火葬場を予約する必要があります。ただ、東京都23区の場合、公営の火葬場は2か所のみで、待たされるケースも少なくありません。費用は故人が住んでいた区によって異なりますが、4万円から利用可能です。23区外には公営の火葬場が多く、自治体によっては住民であれば無料の火葬場もあります」(葬儀関係者)

 火葬までに忘れずにしておかなければならないのが、「死亡届」の提出だ。死亡から7日以内に故人の本籍地か届出者の現住所、死亡した場所のいずれかの役所に提出し、そこで火葬許可証の交付を受ける。これがなければ火葬はできない。無事に火葬が終われば「埋葬許可証」が発行され、納骨のステップに進むことになる。

 手作り葬を行う人は、僧侶を呼ばない人も多い。僧侶を呼ばないと菩提寺の墓に入れないのではないかと不安を覚える人もいるようだが、葬送・終活ソーシャルワーカーの吉川美津子さんはこう話す。

「実際に“墓に入れてもらえなかった”というケースは聞いたことがありません。直葬が増えているなかで、本当にそんなことがあれば、以前から相当関係が悪かったということでしょう。納骨時にいきなり連絡をすると難色を示される可能性はあるので、“諸事情で今回は身内のみで葬儀を行います。納骨については改めてご連絡します”などと、一報を入れておく方がいい。新たにお墓を用意する場合は、自宅で管理してゆっくり探しても問題はありません」

 いまや葬儀のカタチに決まりはない。生前から話し合っておきたい。

※女性セブン2020年11月19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。