マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

「世界一買われている日本株」、さらなる上昇期待の注目銘柄10選

2020年12月4日 19:00 マネーポストWEB

 注目はやはりハイテク株です。ヤマシンフィルタ(東証1部・6240)は建設用機械の濾過フィルターを製造販売する会社ですが、その技術を応用してマスク用インナーを開発しました。長時間使用してもウイルスなどの捕集性能の低下がほとんどなく、医療用のN95マスクに匹敵する性能を誇ります。

 今後成長するIoT(モノのインターネット)分野には課金システム=サブスクリプションが必須で、そのプラットフォームを安価で提供するビープラッツ(東証マザーズ・4381)は今後の出世株になる可能性が高いと見ています。IoT時代のセキュリティや自治体向けテレワーク・ソリューションを手掛けるアドソル日進(東証1部・3837)も、テレワーク関連銘柄の主役です。ITエンジニアに強い人材派遣会社の夢真ホールディングス(東証ジャスダック・2362)も時代を見据えた戦略を進めており、注目です。

〇戸松信博氏(グローバルリンクアドバイザーズ代表)
 世界の中央銀行が大規模な量的金融緩和を続け、さらにアメリカを中心に財政投資が積極的に行われていることから、株価は上昇しています。ワクチン開発の進展は、さらにそれを後押しするはずです。

 ハイテク株が物色されていますが、それ以外にも成長株はいろいろあります。出遅れている成長期待の銘柄にも注目しておくと良いでしょう。エムスリー(東証1部・2413)が提供する医療情報サイトは、約70社の製薬、医療機器企業に利用されています。多くの医師がネットの活用拡大を望んでいる現状から、今後ますます業績が拡大しそうです。NISSHA(東証1部・7915)は大手印刷会社ですが、スマホやタブレット、ゲーム機のフィルムタッチセンサーの分野で世界トップクラスのシェアを持つエレクトロニクス企業でもあります。事業の多角化に成功した老舗にも注目です。

 リユース品業界のビジネスモデルを刷新したプラットフォーマーであるバリュエンスホールディングス(東証マザーズ・9270)は、2025年までにグローバルプラットフォーマーになることを目指しており、さらに業績拡大が期待されます。同じく世界市場を視野に入れている日本M&Aセンター(東証1部・2127)は、豊富な情報力と専門コンサル400人体制で高い成約実績を誇ります。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。