マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「巣ごもり特需」の任天堂 好調継続中で来期最高益更新あるか

2020年12月9日 16:00 マネーポストWEB

空前の大ヒットを記録している『あつまれどうぶつの森』(写真/時事通信フォト)

 時代や景気の移り変わりとともに、企業を取り巻く環境は絶えず変化する。30年以上にわたり、さまざまな企業を取材し続けてきた経済ジャーナリストの和島英樹さんが、今注目の企業・業界の動向を分かりやすく解説する。今回は、コロナ特需で好調が続く任天堂について。

 * * *
 コロナ禍の「巣ごもり需要」の高まりで、業績好調が続くゲーム業界。その恩恵を大きく受けたのが任天堂だ。同社は11月5日に発表した決算で、2021年3月期通期の営業利益見通しを従来予想の3000億円から前期比27.7%増の4500億円に上方修正している。売上高も従来予想から2000億円増の1兆4000億円となる見通しだ。

 業績を押し上げたのが、家庭用ゲーム機『Nintendo Switch』(以下、スイッチ)本体とゲームソフトの売上だ。スイッチ本体の世界累計販売台数は6830万台と、1980年代に大流行した『ファミリーコンピューター』(以下、ファミコン)の6191万台を上回り、今年3月に発売したスイッチ用ゲームソフト『あつまれどうぶつの森』(以下、あつ森)の世界累計販売本数も2604万本と空前のヒットを記録し、ハード、ソフトともに品薄の状態が続いた。

 それに伴い同社は、予想販売台数もスイッチ本体は1900万台から2400万台に、あつ森は1億4000万本から1億7000万本に上方修正している。同社の古川俊太郎社長はオンライン会見で、「ハードの生産状況が回復し、スイッチのハード、ソフトともに好調な販売が継続した」と語っている。コロナの影響で一時停滞した生産が夏場に回復し、第3四半期に入った10月以降も勢いは継続しているようだ。

 あつ森は、プレーヤーが無人島の住人となって、虫や魚を獲ったり、道具や家具を作ったりして、自分好みの島を作りながら他の動物やプレーヤーとのコミュニケーションも楽しめるゲーム。外出自粛中のお供にぴったりのゲームだ。あつ森の他にも、『スーパーマリオ3Dコレクション』や『マリオカート8デラックス』、冒険しながらフィットネスにもなる『リングフィットアドベンチャー』などの売れ行きも好調だったという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。