マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ライブどころか練習も出来ず… コロナに翻弄されるバンドマンたちの憂鬱

2020年12月10日 16:00

かつてのライブハウスの熱狂が戻ってくる日は来るのか?
かつてのライブハウスの熱狂が戻ってくる日は来るのか?

 新型コロナの影響はあらゆるジャンルに及んでいるが、かなり悲惨な部類に入るのがバンドマン。ライブハウスは三密の代表のような場所で、練習スタジオもこれまた三密だからだ。音楽に情熱を注いできたバンドマンたちは今、どうしているのか?

 20代の頃からバンドを続けてきたMさん(40代/男性)は、「これが良いきっかけ」と、10年以上やってきたバンドを解散することを決めた。Mさんのバンドは一般的な知名度はほぼゼロだが、あるコンテストで優勝したため、「カラオケに1曲だけ曲が入っている」というのが自慢。その集大成として無観客解散ライブを行ったが、大後悔する羽目になった。

「知り合いが働いているスタジオの大部屋を借り、ライブ配信サービスを使って、解散ライブを配信しました。ライブのことは知り合いにメールできっちり伝え、SNSでも告知し、配信の機材その他で20万円近く掛けて生配信しましたが、散々テストしたのに、本番では通信状態が悪くて演奏がブツブツ切れてしまって……。無料だったのに視聴者数は2ケタで、最後はメンバーが『すみません』と、頭を下げて終わるという最悪の展開でした」(Mさん)

 一方では、コロナにより解散を免れたバンドもある。ハードコアバンドをやっているSさん(30代/男性)は、10年以上バイトをしながらバンドに打ち込んできたが、一向に芽が出ないため、今年初頭に「フェスに出られなかったらバンドを辞める。音楽も辞めてちゃんとした仕事に就く」と宣言。しかし不測の事態により、タイムリミットは延びることになった。

「友達のバンドが次々と夏フェスに出たため、『オレもフジロックに出る。出られなかったら解散する』と、宣言したんです。けど、今年の夏はフェスそのものが無かったじゃないですか? それはオレたちのせいじゃないんで、そんなんじゃ辞められないっすよ」(Sさん)

 理解出来るような、出来ないような……。解散する気は無いものの、壁にぶち当たっているのは、ヘビーメタルのコピーバンドでベースを弾いているIさん(30代/男性)だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。