マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

ライブどころか練習も出来ず… コロナに翻弄されるバンドマンたちの憂鬱

2020年12月10日 16:00 マネーポストWEB

「ウチのバンドはボーカル、ギター2人、ベース、ドラム、キーボードの6人編成ですが、いつも練習しているスタジオから、“ソーシャルディスタンス確保のため、1スタジオ5人まで”というお達しが出てしまいました。そのため、メンバーが全員揃っても、1人はスタジオを出なくてはいけません。出る人間は1曲ごとに交代です。

 ドラムが抜けるのはあり得ないので、必然的に抜けるのは残り5人のうちの誰か。ただ、ギターソロがあったり、イントロがキーボードだったりする曲は抜けられないので、結局ベースが抜ける回数が多くなるんです」(Iさん)

 それでもスタジオ代は割り勘。釈然としない気持ちが芽生えつつあるという。

リモートでもトラブルのタネは色々

 リモートでの練習を試みるバンドマンもいる。トリオ編成で、プログレッシブ・ロックのコピーをしているHさん(40代/男性)は、IT系企業に務め、メカを操るのはお手の物。他のメンバーもパソコンに通じており、さっそくリモート練習にトライしたが、企画倒れに終わったという。

「我々がコピーしているバンドは、もともと変拍子が多く、高速のフレーズが多い難解な曲調なのですが、それをリモートで合わせると、演奏が合っていないのか、通信状態が悪くてズレているのかいよいよわからないんです。コンマ何秒でもタイミングがズレると成立しない音楽なので、“リモートは無理だね”という結論に落ち着きました」(Hさん)

 リモート練習では、こんな人もいる。ロックバンドでベースを弾いているTさん(40代男性)は、家を追い出されそうになった。

「メンバーから『自宅なら練習は何時でもいいよね?』と言われ、深夜にリモートで音合わせをしていたら、3日後にアパートの大家から手紙が届きました。私はエレキベースをアンプに繋がず“生音”で弾いていましたが、それでもうるさかったようで、“住民からクレームが届いている”という内容でした」(Tさん)

 それならやはりスタジオでやるのが一番だが、デスメタルバンドをやっているKさん(30代/男性)は、曲調が激しいが故の悩みにぶち当たった。

「私達がやっているジャンルのボーカルは“デス声”で歌うもので、歌というより“ノイズ”。分かりやすく言えば、“吐いてるみたいな感じ”です。1回、スタジオに入ってみましたが、死ぬほど飛沫が飛ぶので、ボーカルはマスクの上にフェイスガードを着用。しかし1曲終わると、『無理。こんなんじゃ歌えない』とのことで、バンドは現在活動休止中です」(Kさん)

 現在はイベントの人数制限も緩和されつつあるが、「ライブハウスでソーシャルディスタンスなんて無理」「ガラガラのハコ(ライブハウスのこと)でライブなんてあり得ない」と、悲観的な見方が多いようだ。海外でのライブ経験があり、現地のプロモーターとも交友があるSさん(前出・ハードコアバンドのメンバー)によれば、「欧米では、今年はおろか2021年もライブは無理」という認識だそうで、まだまだ我慢を強いられる状況は続きそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。