マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

コロナ禍の対面訪問マナー コートは裏返しにたたんで玄関の隅に

2020年12月19日 7:00 女性セブン

こんなときどう答える?困ったときの問答集

【ケース1】「どうぞ、あがっていって」

「お気遣いはありがたいのですが、時節柄、こちらで失礼します」

 せっかくの気分を下げるので“コロナ”という単語は出さず、“時節柄”など、コロナを連想させる言葉に変えて辞退する。あくまで、「あなたが私のことを気にかけてくださるのはわかっています」という気持ちを伝えることが大切。

【ケース2】「年末年始くらい、親戚みんなで集まりましょう」

「私もとても会いたいのだけれど、おばあさまのことも考えて、今回に限り遠慮しますね。状況が落ち着いたら必ず会いに行くわ」

「コロナ禍が落ち着いてから」は、断り文句として認知されつつあるので、さほど失礼に当たらない。誘ってくれたことに感謝しつつ、先方の状況を思いやって遠慮する旨を伝えると角が立ちにくい。そのうえで、次があることを示唆する一言を添えるのがおすすめ。

【ケース3】「忘年会をしましょうよ。昼間に屋外で、だったらいいでしょ?」

「楽しそうね。いつもなら二つ返事なのだけれど、少しだけ状況を見たいわ。年が明けてから改めて一緒に計画しましょうよ」

 せっかくの誘いを完全に断るのではなく、延期などの代替案を出し、自分も計画に参加する意思表示をして、相手の負担を減らす心遣いを。

取材・文/前川亜紀 イラスト/ico.

※女性セブン2021年1月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。