マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

コロナ禍のモンペ「わが子に特別授業を…」 教師は法的に対抗できるか

2020年12月17日 15:00 週刊ポスト

 こうした対応が取れる環境になく、あるいはAくんの親が以前から冷静な話ができず、一方的に罵倒や侮辱メールを送ってくるような親であれば、対応するのは精神的にも苦痛であると思います。一刻も早く学年主任や教頭、校長などの管理者に事情を説明した上での支援を求めることをお勧めします。

 保護者だからといって、教師の人格を傷つけるような侮辱的発言をしたり、大声や暴言で威嚇することは許されないことです。程度がひどければ、刑事的には名誉毀損や侮辱、感情に任せての暴行に当たる場合もありますし、民事的には不法行為になります。

 その結果、教師の心身が不調になり、授業にも支障が生じる可能性がある場合には、弁護士や警察に相談し、これ以上の暴走を止めるための学校外の力を借りなくてはならない場合もあると思います。とにかくひとりで抱え込まず、学校の管理者に相談すべきです。

【プロフィール】
竹下正己(たけした・まさみ)/1946年大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年弁護士登録。

※週刊ポスト2020年12月25日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。