マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

下請け相手だとエラソーに… 私が見た“失格サラリーマン”列伝

2020年12月19日 16:00

「サラリーマン失格」と言われるのはどんな人?
「サラリーマン失格」と言われるのはどんな人?

 サラリーマンは一人ひとりが、会社を代表する意識で仕事をするもの。自分の評判は会社全体の評判にも直結することもあり、普段から社会人として恥ずかしくないふるまいが求められる。とはいえ、サラリーマンの中にはちょっと常識はずれの人もいるようだ。これまで多くのサラリーマンと仕事をしてきたネットニュース編集者の中川淳一郎氏は、「なんでこんな人がこの会社に入れたの……」と思うことがあるという。中川氏が「失格サラリーマン」列伝を紹介する。

 * * *
 私自身、基本的にはサラリーマンの方がフリーランスよりも「まとも」で「常識的」だと感じています。それは自分自身がどーしようもないほどテキトーな仕事っぷりですし、フリーランスの仲間が突然連絡がつかなくなって、仕事相手に迷惑をかけたりする様も見てきたからです。

 それでもとんでもないサラリーマンとも時々遭遇することがあります。ということで、私が見た「失格サラリーマン」列伝を振り返ってみましょう!

【1】コネ入社「とにかくテキトー」男

 私がかつていた会社の同期の話。彼は父上のコネが素晴らしかったということもあってか、就職氷河期に高倍率の会社に入社しました。私とは仲が良かったのですが、彼が配属された部署やら別の同期から聞く評判は、なかなかヒドいものでした。

 そもそも彼は、サラリーマンという器に収まるような人物ではなかった。会社からは電車通勤のために最寄り駅からの6か月定期を支給されていたのですが、彼は自家用車通勤をしていたのです! 会社が入っていたビルの地下に駐車場があり、その利用料は1時間600円。もちろん一切割引はありません。たとえば、8時間停めた場合は1日4800円を駐車場代に費やすわけです。

 当時の我々の給料は23万4000円です。これを休日出勤をしないと仮定して月間22日間出勤した場合、日当は1万636円となります。4800円を引いたら日当5836円です。私は学生時代の植木屋のバイトで1日8000円もらっていた(もちろん社会保障はないけど)ので、丸一日働いて5836円なんて言われたら「学生よりも少ないじゃねーかよ!」とキレたはずでしょう。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。