マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

下請け相手だとエラソーに… 私が見た“失格サラリーマン”列伝

2020年12月19日 16:00

 私のようなコネなし、中流階級の人間からすれば、駐車場代に4800円なんて払えないと普通に思うのですが、おぼっちゃんはまったく感覚が違った。

 そんなサラリーマンの範疇を超えた言動が注目を集める彼でしたが、「5月の段階で有給休暇を使い切った」とか「クライアントとの打ち合わせで寝ていた」とか本当か嘘か分からないような噂が登場します。だからこそ彼と2人で飲む時は「お前、こんな話を聞いたけど本当か?」と聞き、「まぁ、大体当たっているな!」なんて言われる始末。こちらは擁護したいのに自分で認めるなよ~!

 そんな豪快な彼は、数年後に会社を去ることになります。サラリーマン失格というより、そもそもサラリーマンに向いていなかったのかもしれません。今でも彼については「アイツは使えないヤツだったな」や「アイツはバカだったな」といった評価ばかりで、私としては「アイツは飲むと楽しいヤツだぞ!」という反論をするしかないのでした。

【2】「お前なんていつでも干せるぞ!」男

 私がフリーライターとして独立した後に仕事をした某大手広告会社の社員の話。見た感じ50代のようでしたが、やたらと名刺に書かれた肩書にカタカナが多い。広告業界と付き合いが長いと「長いカタカナの役職の40代後半~50代は出世していない」ということが分かるようになります。

 この方もまさにそうだったのですが、まず、上司が彼よりも年下。しかし現場で指示を出すのは彼です。毎度エラソーにクライアントの編集タイアップ原稿を直させるのですが、すべての指示が電話なのです! 証拠を残すためにもメールが普通になっていた時代なのになんで? 恐らくパソコンが嫌いだったのでしょう。

 だからこそ、「言った言わない」の争いが多発。こちらが「いい加減にしてください!」と伝えると、「お前みたいな零細企業なんていつでも干せるぞ!」と会社の権威をかさに恫喝してきました。今思えば、「下請けにエラソーにすることだけが自身の心の拠り所」といった感じの人物でした。

 その後、彼のそうした言動を耳にした若き上司から、謝罪されるという顛末でした。

【3】「後は任せますので、勝手にやってください…」女

 とあるウェブコンテンツのキックオフミーティングを某広告会社の会議室で行うことになりました。開始時刻は10時で、現場を担当する若手社員2人とその上司である彼女・A氏の到着を待っていました。

 しかし、10分経っても来ない。若手社員の1人はフリーランスの私を待たせていることを申し訳なく思ったのか、彼女に電話するも出てくれない。「どうしましょうかねぇ……」「一応概略だけでもお伝えしますかね……。いや、Aが説明した方がいいのですが……」みたいな感じで、無為な時間が35分ほど過ぎます。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。