マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

サブブランド、Wi-Fi活用… スマホ料金を抑える基本技おさらい

2021年1月10日 19:00 女性セブン

スマホ料金を月5000円以下に抑えることは難しくない(イラスト/鈴木順幸)
スマホ料金を月5000円以下に抑えることは難しくない(イラスト/鈴木順幸)

「携帯電話料金は4割程度、下げられる余地がある」。菅義偉首相(72才)はこう主張し続けている。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3大キャリアの一般的なプランはいずれも7000円台と世界の各都市に比べても高額。ケータイ料金の値下げはいまや政権の目玉政策であり、家計スリム化の目玉政策でもある。

 節約アドバイザーでファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんが断言する。

「スマホに月5000円以上払っているのは、はっきり言って大損しています。値下げ政策を待つまでもなく、いまからでも5000円以下に抑えることは簡単です」

格安スマホで月々の料金が半額に

 まず検討すべきは「大手キャリアのサブブランド」への乗り換えだ。サブブランドとは、大手キャリアが提供する低価格帯のサービスのこと。「UQモバイル」や「ワイモバイル」などは、いわゆる“格安スマホ”の一種だが、1000社以上ある独立系の格安スマホ会社に比べ、大手キャリアが運営するだけに安心感がある。

「サブブランドは安いだけあって電波が通じにくいとか、通信データ容量が小さいと思っている人も多い。しかし実際は回線の品質も充分だし、大容量も使える。大手キャリアと遜色ないレベルです」(大手キャリア社員)

 いままで大手キャリアのスマホを使っていた人は、このサブブランドに変えるだけで、月額料金が約半分に下がる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。