マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

愛好者が語る「冬キャンプ」の醍醐味 防寒対策はどうしてる?

2021年1月20日 16:00 マネーポストWEB

極寒のなかでするキャンプの魅力とは?
極寒のなかでするキャンプの魅力とは?

 キャンプのオンシーズンと言えば、春・夏・秋の3シーズン。冬にキャンプなんてまるで我慢大会……と敬遠する人も少なくないだろうが、近年は冬のキャンプも人気になっているようだ。

 寒さが厳しい冬に、なぜわざわざキャンプを楽しむのだろうか。3年前に本格的にキャンプを始め、毎年、妻と子どもを連れて冬キャンプを楽しむという男性会社員のAさん(40代/東京都在住)に、冬キャンプの魅力について聞いた。

キャンプ場が空いていて快適!虫がいない!

 Aさんは、冬キャンプの大きな魅力として、「キャンプ場が空いていること」と「虫がいないこと」という2点を挙げる。

 子どもが4歳になる頃から、年に数回、同じ幼稚園の仲間と家族ぐるみでキャンプを続けてきたというAさん。自然の中で子どもと遊んでいると心底リフレッシュでき、すっかりキャンプの虜になったものの、キャンプ場の混雑には悩まされてきたと話す。

「首都圏から数時間で行ける距離にある、炊事場や電源サイトなど設備の整ったキャンプ場はどこも人気で、半年前には予約をしないと埋まってしまう。やっと予約できたキャンプ場も、行けば混雑しているのが当たり前。炊事場も混んでいるので、食事の支度や片付けも順番待ちですし、乱立するテントの中で子どもが迷子になったことも。途中で買い出しが必要になった時、駐車場が混んでいて車が出せなくなったこともありました」(Aさん・以下同)

 冬のキャンプなら、他の3シーズンには人気のキャンプ場でも簡単に予約できるうえ、現地に行っても空いているという。

「広いキャンプ場を少ない家族だけで専有できるのは贅沢な気持ちになりますし、家族だけの空間を外で楽しめる場は貴重です。普段、家事は妻に任せっきりの我が家ですが、キャンプでは子どもたちも率先してテントの設営や食事の支度などをやりたがります。

 春~秋のキャンプでは炊事場も混んでいるので、子どもにお皿洗いなどの片付けをゆっくりやらせる訳にも行かず、私や妻がサッと済ませてしまいがちですが、冬は炊事場も空いているので、子どもたちと一緒に支度をする。会話も増えますし、家族の距離も縮まりますよ」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。