マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

家の外壁工事のために隣家に足場を組みたいが隣人が拒否 解決策は?

2021年1月27日 16:00

外壁工事に際して隣家とのトラブルをどう解決するか(イラスト/大野文彰)
外壁工事に際して隣家とのトラブルをどう解決するか(イラスト/大野文彰)

 持ち家で気をつけるべきは「近隣トラブル」。家の改修工事においても、問題となりうることは多い。家の改修工事におけるトラブルについて、実際の相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 私の実家は築30年の古い家です。外壁のひび割れなどがひどく、雨漏りもするようになったので外壁工事をしたいと思っていますが、隣家との間がとても狭い状態です。そのため、足場を組むには隣家の敷地を借りるしかないのですが、親と隣家はとても仲が悪く、お願いしても断られました。何度か話し合いをしましたが、決裂したままです。このままでは雨漏りがひどくなるのではないかと心配です。解決するにはどうしたらよいでしょうか。

【回答】
 民法第209条第1項は「境界又はその付近において障壁又は建物を築造し又は修繕するため必要な範囲内で、隣地の使用を請求することができる」と定めています。

 そこで、あなたの実家でも建物修繕工事のために隣地を利用することはできます。これは隣地使用権といい、法律で認められている権利です。「使用できる」とは、単に隣地に入り込むだけでなく、外壁の補修のための足場を組むことも権利として認められています。しかし、足場の位置は必要最小限の範囲に限定されます。どの程度になるかは工事業者と相談してください。

 もっとも、隣地使用権があるからといって、自由に立ち入れるかというとそうではありません。使用目的が建物修繕で使用範囲が工事に不可欠な範囲であることをあらかじめ説明し、工事日程など使用をする時期を通知する必要もあります。

 しかし、隣地所有者は使用目的を疑うかもしれませんし、使用範囲が修繕に必要な範囲を超えていると考える場合もあります。また、ほかにも言い分がある可能性もあります。そうした場合に、隣地使用権があると勝手に判断して無理に隣地に入ると、権利を実力で行使することになりますが、これは自力救済といって不法行為になります。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。