マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

みずほATM大規模障害 お詫びの品はボールペンとゆるキャラメモ帳

2021年3月9日 15:00

被害者への対応もまちまちだったという…(写真/共同通信社)
被害者への対応もまちまちだったという…(写真/共同通信社)

 みずほ銀行のATMで、またも大規模障害が発生した。今回は利用者のキャッシュカードや通帳が呑み込まれ、各地のATMコーナーは、怒声とため息に包まれた――。

 2月最後の日曜日、都内在住の20代女性Aさんは、正午過ぎに自宅近くのみずほ銀行支店に立ち寄った。

「ATMコーナーで高齢男性が画面に向かい『何だよ、これ!』と怒鳴っていたけど、『故障かな』と気に留めなかった。そのまま他のATMにカードを入れて暗証番号と金額を打ち込むと、『お取り扱いできなくなりました』とのメッセージが出て驚きました」(Aさん)

 すぐ備え付けの受話器を取るも、「ただいまおつなぎしております」のメッセージに数分付き合わされた挙句「またお掛け直しください」の音声とともに切れる。カードは呑み込まれたままで、周りの利用者も一様に焦った面持ちで受話器を握り、中には“ガシャン”と叩きつける人もいた。

 2月28日、みずほ銀行でシステム障害が発生し、全国のATM約5400台のうち4318台が利用できなくなった。

「銀行と全く連絡がつかず、その場を離れられないまま、知らずに訪れる人に『いま使えないんです』と何度も状況を伝えました。私も被害者なのに……」(Aさん)

 インターネット上には全国の被害者から、「またみずほか!」と怒りの声が溢れた。

 トラブル発生から2時間後、Aさんを“解放”に導いたのは、当事者の銀行ではなかった。

「その場にいた他の人が警備会社のALSOKと電話がつながり、『後日、銀行から連絡がくるので今日は帰って大丈夫』と言われました。腹立たしいのはこの2時間、みずほから何のアナウンスもなかったこと。もっと迅速に周知したらこんなに長く拘束されなかったはずです」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。