マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

悩ましい「終の棲家」問題 下町や高層マンションの災害時リスクも念頭に

2021年4月1日 16:00

終の棲家はどこに選ぶべきか?(イメージ)
終の棲家はどこに選ぶべきか?(イメージ)

 一戸建てをリフォームして住み続けるか、都会のマンションへ引っ越すか、はたまた施設に入居するか──意見が分かれる“終の棲家”問題だが、今後、数十年の間に必ず起こるといわれている震災への対策を無視してはいけない。武蔵野学院大学特任教授の島村英紀さんがアドバイスする。

「東京の下町や中央線沿線の一部の地域のように、木造建築が多く住宅が密集している地域は火災が広がりやすく、高齢になるほど逃げ遅れるリスクが高くなります。古くから住んでいて近隣住民との連携が取れるなら話は別ですが、昔ながらの街は、住みやすそうに見えても住まない方がいい」

 かといって、「新しくできた街」も場所によっては危険は大きい。東日本大震災では、埋め立て地である千葉・浦安が液状化現象で大被害を受けた。さらに、高齢になるほど、高層マンション住まいはリスクが伴う。

「高層マンションは、停電でエレベーターが止まったら、階段で上り下りしなくてはならない。そもそも、高層の建物は地震の揺れが大きいのも問題です。耐震構造上、上の階ほど揺れて地震のダメージを抑える構造になっていますが、震度6強以上の強い揺れだと、固定していない家具が倒れる可能性が高い」(島村さん)

 老後に向けて、自宅を改装する場合も焦りは禁物。自治体のバリアフリー助成金制度の中には、要介護認定を受けていなくても対象となるリフォームがあるが、急いでバリアフリーにすると失敗しやすい。一級建築士で高齢者住環境研究所社長の溝口恵二郎さんがアドバイスする。

「まだ元気なうちに手すりなどを廊下につけてしまうと、いざというとき高さなどが合わず、使いものにならないことがあります。実際に必要な段階になってから工事をした方が賢明です」

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。