マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

「ビール戦争」の歴史 新しいジャンル切り拓くヒット商品に他社が追随

2021年4月8日 7:00 週刊ポスト

サントリーとキリンの「糖質ゼロビール」
サントリーとキリンの「糖質ゼロビール」

 ノンアルコールビールも後発組が強い。2009年、キリンは「フリー」をいち早く投入。しかし2010年8月発売のサントリー「オールフリー」に抜かれ、現在は最後発のアサヒ「ドライゼロ」がトップに立っている。

 経済ジャーナリストの河野圭祐氏が言う。

「ジャンルを開拓したパイオニアが有利か、先行する商品を見ながら戦略を練ることができる後発組が有利かは議論が分かれるところです。

 今回の糖質ゼロビールでも、『一番搾り 糖質0』がアルコール4%と低めなのに対し、『パーフェクトサントリービール』は5.5%と、糖質ゼロの物足りなさを解消すべく差別化を図ってきた。

 2月の『パーフェクトサントリービール』の商品発表会では、ライバルの『一番搾り 糖質0』も用意し、両社比較しての試飲を勧めていました。サントリーの自信の表われと言えるでしょう。

 しかし、キリンは最近、コクのある新ジャンル『本麒麟』を大ヒットさせるなど勢いがある。勝負の行方はわからない」

※週刊ポスト2021年4月16・23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。