マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

「借金してること会社にバラすぞ」と脅される日々… 解決策を弁護士に聞いた

2021年4月22日 19:00

借金をしたことで脅され続ける現状をどう打開する?(イラスト/大野文彰)
借金をしたことで脅され続ける現状をどう打開する?(イラスト/大野文彰)

 金銭トラブルにおいて、弱い立場にある人が返済や利子などの負担以外にさまざまな圧力を受けることがある。もしも、そういった理不尽な状況に置かれた場合、どう対応したらいいのか。実際の法律相談に回答する形で、弁護士の竹下正己氏が解説する。

【相談】
 夫は以前勤めていた会社の同僚だったAさんといまもつきあいがあります。夫はAさんから50万円を借りていて返済中なのですが、何かにつけて呼び出され、いいように使われています。仕事などを理由に誘いを断ると、「おれから借金していることを会社にバラすぞ」などと言われるため断れません。このままでは返済し終わった後も脅されかねません。どうしたらよいでしょうか。(神奈川県・43才女性)

【回答】
 借金を返すのは当然です。しかし、返せないからといって意に反した行為を強制される理由はありません。

 金銭消費貸借契約に基づいて授受されるのが借金です。契約によって借主に借金を返す法的義務が課され、貸主には返還請求できる権利が生じます。しかし、どの契約でもそうなのですが、契約違反した相手に何らかの行為を直接強制することはできません。Aさんには借金のカタにご主人を「いいように使う」権利などもともとないのです。ご主人が断れば、Aさんはご主人ではなく裁判所を使って、返金を受ける権利を行使できるだけです。その結果、ご主人に財産があれば失うことにはなりますが、借金したのですからやむをえません。そのことを覚悟すれば、Aさんの理不尽と思える要求を拒否すればよいのです。

 とはいえ、実際には財産は惜しいし、裁判を起こされるのを避けたいのが人情です。そのため借金の弱みもあって、貸主の言うことを聞きがちになります。しかし、仮にAさんがご主人を借金漬けにして、奴隷のようにこき使っているということであれば、別の問題があります。人間をお金で縛って自由を奪うことはできません。

 例えば、労働基準法では暴行、脅迫などで精神的・身体的な自由を奪う強制労働を禁じていますが、お金を前貸しして精神的に労働者の意思を縛って働かせることも厳禁です。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。