マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

年金生活で重要なのは「家計簿」より「貯蓄簿」 40・50代から習慣づけを

2021年6月5日 7:00 女性セブン

「貯蓄簿」をつけるメリットは?(イメージ)
「貯蓄簿」をつけるメリットは?(イメージ)

 金融庁が2019年、「老後30年間で約2000万円が不足する」とする試算を出し物議を醸した“老後2000万円問題”。今のうちからしっかり貯蓄をしておかなければ、暗い老後を過ごすことになるという強い危機感を多くの国民に植え付けた。老後にかかるお金について、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さんが語る。

「夫婦2人で持ち家に住む場合、食費や日用品費、公共料金、お小遣いなどを含めて毎月必要な基本生活費の目安は17万~18万円程度。ひとり暮らしの場合は11万~12万円程度となります。家が賃貸の場合は、これらに家賃を加えた金額を考えておきましょう。

 さらに、固定資産税や歯などの治療費、冠婚葬祭費などにかかる『特別支出』は、夫婦2人で300万~500万円、1人の場合は200万~300万円かかるとみて、その程度の貯金を用意しておくと安心です」

 これほどの額を収入で賄えるのか、不安に思う人は多いだろう。そこで確認したいのが、公的年金の額だ。

「毎年誕生月に郵送されてくる『ねんきん定期便』で確認できます。そのほか、個人年金などがあれば、それも加えて試算しましょう」

 年金額を確認し、老後に足りない分のお金をしっかり把握しておくことが重要だ。

40代・50代から記帳の習慣を

「65才からの年金生活に必要な貯蓄額は、ひとり暮らしの場合、特別費が200万~300万円と前述しましたが、これに加え、毎月赤字が出る場合は、赤字額×30年分(65~95才)を見積もっておきましょう」(畠中さん・以下同)

 見積もりを出したら、その目標額に向けて貯蓄に励もう。ここで大切なのが、現在の貯蓄額を把握することだ。そのために畠中さんがおすすめするのが、「貯蓄簿」だ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。